有機野菜で見直される生活

食の安全を見直されている昨今、体のことを考えて野菜を選ぶ人たちが増えています。その人たちが注目しているのが「有機野菜」、「オーガニック野菜」です。有機野菜という名前を聞いたことのある方は多くいると思いますが、実際のところどんな野菜なのでしょうか。

 

 

 有機野菜について、「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」(以下、JAS法)の中で、次の点を農林水産大臣に登録された登録認定機関の認定を受けているものが「有機農産物」、「有機野菜」として表示できることが定められています。

@農薬や化学肥料は原則として使用しないこと。
A種まきまたは植え付けの時点からさかのぼり2年以上、禁止されている農薬や化学肥料を使用していな水田や畑で栽培されていること。
Bこれらを満たし、生産から出荷までの生産工程管理・格付数量等の記録を作成していること。このような認定基準となっています。

 JAS法の定められている中で野菜を育てるには農家の苦労が絶えません。

 

その分、有機野菜のメリットは幾つもあります。一つは味が抜群に良いことです。一般の野菜と比較して、味の違いがよくわかり甘くてみずみずしさがあります。野菜の本来の味わいを発揮し、そのままでもおいしく食べられます。「有機野菜はおいしい」と10人中10人が答えるほど違いが明らかなようです。また、栄養価が高く健康的な点も挙げられます。特に有機野菜には「抗酸化物質」が多く含まれており、「老化」や「病気」の原因とも言われている体内の活性酸素を除去する働きがあります。

 

さらに、農薬が少なく安全性が保障されています。有機野菜の特徴は3年以上農薬を使わない畑で作った野菜であり、原則的に農薬を使わず自然の恵みで育てた野菜です。この基準の中には、放射性物が含まれてないことや遺伝子組み換えではないと言う点も含まれています。そのため、有機野菜は放射性物質や遺伝子組み換えの野菜ではないことが保障されています。

安全性にのついて確認

利便性を求めて、あるいは食の安全性を求めて野菜宅配を利用する人が増えています。しかし実際のところ、「野菜宅配は安全・安心なのか」、「農薬や肥料については安全なものを使用しているのか」、「妊娠や授乳中の方がいる家庭でも安心して利用できるのか」、「お子さんのアレルギーで困っているご家庭でも利用できるのか」などと疑問を感じることがあると思います。野菜宅配の安全性についてまとめます。

 

 

 安全・安心な野菜を購入するために野菜宅配サービスを利用する方も多くいると思います。野菜宅配業者は幾つもありますが、それぞれの業者が野菜の安全性に力を入れています。ある業者では安全性に関してお客様満足度が98%を超える程に力をいれているとこがあります。安全性のこだわりは農薬や肥料にまで表れています。例えば、無農薬野菜や減農薬野菜に関しては、国のガイドラインがないため「無農薬野菜」、「減農薬野菜」と表記されているだけでは信頼性の面では劣るものがあります。そのため、有機肥料を使った土づくりをしている、土壌消毒剤を使用していない、除草剤は使用していない、農薬に頼らないといった具体的な栽培方法を示しています。各業者が独自の徹底した厳しい管理基準が食の安全を支えています。 これらの徹底した管理体制のおかげで「妊娠・授乳中の方がいる家庭」や「アレルギーを持っているお子さん」にも適した野菜を提供してくれています。

 

 

 安全性に関して各業者が企業努力をしていますが、それでも数多くある業者の中でどの業者を選ぶかは難しい選択だと言えます。その際にも、どのような食の安全を追及しているかを比べて選ぶことができます。具体的には、食の安全のためにどのような工夫をしているか、妊娠・授乳中の方も安心して使用できるか、アレルギーやアトピーを持ったお子さんにも心配せず使用できるか、などの点をそれぞれ比べてみることができます。そして、お試しセットを利用してみるのも価値があります。

 

人気の野菜通販ランキングはコチラ