時間指定や配達の基本2つ

食材宅配サービスの利用が増えていますが、利用する人の理由は様々です。買い物に行く時間が無い、子供の世話で忙しい、夕食の献立で悩んでいる、料理に自信がない、ちょっと楽をしたい、安全な物を食べさせたい、栄養バランスを考えた料理を食べたい等々、理由は人それぞれです。利用する人の背景がそれぞれ違うので配達方法や配達の希望時間の指定ができると助かります。

 

配達の方法は大方決まっている

 

配達方法、特に不在時の対応に関しては業者毎に少し違いはありますが、基本的には決まっています。再配達してくれるところもありますが、多くは専用のボックスを用意してくれます。もちろん、帰宅までの時間があるため食材が痛まない工夫が凝らされています。保冷効果の高い箱に保冷材などをいくつもいれて置くことや、会社により異なりますが、鍵付きの箱を使用したり、いたずら防止のために容器が空になるとわかる仕組みや保温シートで全部を囲うといった工夫がされています。不在時の対応に関しては心配ないと言えます。ただ、保管スペースが必要となるので、一人暮らしのワンルームの場合等は少し邪魔になることもあるようです。

 

配達の希望時間は便利

 

今までの食材配達サービスは、その会社の配達便によって配達されることが多く、日時や希望時間の指定ができないことが多くありました。しかし、最近では、日時や希望時間が指定できる食材配達サービスが増えています。会社勤めの方は昼間、家にいませんし、お休みの日も用事を済ませなければならないため、日時や希望時間を指定できるととても助かります。中には会社の配達便では配達の希望時間の指定ができない場合でも、宅急便で配達の希望時間を指定できるサービスもあります。
配達の方法や配達の希望時間に関しましては、各業者によって違ってくるので、自分に合った業者を選ぶことが大事だと言えそうです。