無農薬を届けるオイシックス


環境への配慮が国際レベルで叫ばれる中、無農薬の生産方法によって栽培される野菜にも注目が集まっています。以前は無農薬野菜は農家への負担が通常の製法と比べて高くなるため、あまり人気のある生産方法ではありませんでした。大規模経営大規模生産が農業の基本で、いかに効率よく多くの野菜を出荷するかが農家の生き残りのバロメーターといっても大げさではなかったでしょう。
しかし世界中で環境への関心が高まった現代においてはそのようなやり方だけでは利用者の支持は得にくくなっているのが現状です。
無農薬野菜通販会社であるオイシックスは、そんな環境への注目が集まっている現代において、沢山の支持を得ています。
厳選された食材を直送で利用者のところまで届けるスタイルは安全性を希望する利用者にとっては願ってもないサービスに違いありません。

 

オイシックスの検査基準

 

無農薬野菜通販会社であるオイシックスにとって最も重要なポイントとなるのが通販をおこなっている野菜の品質です。無農薬野菜は農薬を使用している野菜に比べて一律した管理が難しく、鮮度や味などを保つための労力が多くなります。そうした問題に対処するためにオイシックスは独自の検査技術を設けて厳しく管理を行っています。

 

 

野菜だけはない独自の検査基準

 

オイシックスは野菜の品質管理に独自の検査基準を設けていますが、それは商品である野菜だけにとどまるわけではありません。野菜を栽培する土にも視点を向けています。
無農薬野菜の特徴の一つに自然栽培があり、野菜の味は土の影響を色こく受けます。そこでオイシックスは土を管理体制化することで一律の品質を保つように努力しています。

厳しい審査基準

無農薬野菜通販会社オイシックスでは多くの厳しい基準を設けています。その代表が独自の農薬検査で、使用回数や使用状況などを事細かにチェックしています。また野菜を栽培する際に使用する土にも多くの検査基準を設けているので、農薬の使用頻度が低くても一律した品質を保つことに成功しています。
このように多くの検査によって厳格な管理をおこなっているオイシックスですが、ほかにも品質管理に注意している点があるのです。

 

 

発送する商品の添加物のチェック

 

オイシックスでは野菜単体だけでなく、調理を加えた惣菜なども取り扱っています。主婦に人気な子供用料理などは惣菜サービスの代表例で、仕事で忙しい主婦でも子供に十分な料理が提供できるようになっています。
そんな人気の惣菜サービスにもオイシックスの検査はきちんと行われています。
まず調理に使う添加物のチェックが行われます。多くの惣菜にはなんらんかの添加物がつかわれていますが、そうしたものが気になる方はかなり多いです。利用者の心配を取り除くため、オイシックスでは監査委員会などを設置して十分な対応を行っています。

 

 

気になる放射線もチェック済み

 

近年発生した福島の原発事故は記憶に新しく、多くの人にたいして多大な被害をあたえました。放射線などの指数も上昇し、福島県だけでなく、近隣の他県にも多大な被害と不安を与えています。
利用者のなかにはそうした事故で発生した放射線が気になる人もいるかもしれません。
しかしオイシックスでは放射線対策も行っているので、一定基準を満たさなかった野菜は事前にシャットアウトされています。

 

安全に食べるならオイシックス

 

上記のようにオイシックスは厳重な品質管理を徹底しています。子供や家族に食べてもらう大事な食材を安心して調達できる便利なサービスといえるでしょう。